建築中の住宅ばかり狙う連続放火魔の狙い

東京・多摩市で12日から20日にかけ、建築中の住宅ばかりを狙った連続放火事件が発生した。周辺住民を恐怖に陥れている犯人の執拗な手口とその狙いは?

 同一犯とみられる多摩市内での連続放火は、12日を皮切りに14、16、17、19、20日と立て続けに6件も起きた。一部報道では18日にも放火未遂が確認され、いずれも半径2キロ以内にある住宅の新築現場だった。犯行時間帯は午前2時~3時30分で、20日だけが午後9時だった。

 現場を取材した元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は「1件目以外は、この1~2か月で完成する物件。入り組んだ場所にある物件もあって、土地勘がないと分からない。立て続けに犯行を重ねているから、下調べしていたのでしょう」と指摘する。

 建物の窓などを割って、中に侵入した後に灯油をばらまき、火をつけているのが特徴だ。

「建築中の物件は中に入ってしまえば、人がいないので、自由に動ける。寝かしてある材木を燃えやすいように立てかけていたところもあり、2階から火をつけている。犯人は大胆にして、細心かつ臆病ともいえる」と小川氏。

 放火犯には軒先に火をつけ、すぐさま逃走するタイプもいるが、今回の犯人には、火災被害をより大きくさせる狙いがあるようだ。

 犯人はマイホームを夢見ながらもかなわない嫉妬心の持ち主なのか、住宅ローン破産でマイホームを手放した者なのか。上戸彩主演でヒット中のドラマ「昼顔」(フジテレビ系)では、不倫清算のために住宅に火がつけられたシーンが描かれ、影響を受けた「昼顔妻」の可能性を指摘する声もある。

「新築物件は幸せの象徴で、犯人は火をつけて燃やすことに快楽を得ているのでしょう。犯行現場を見ると、女性ではなかなか難しい。放火犯はエスカレートしていくと規模が大きくなり、自宅の近くで犯行する傾向もある」(小川氏)

 警察は現場付近の防犯カメラ映像やガソリンスタンド等での灯油購入者などを調べると同時に警戒を強化しており、連続放火犯の行方を追っている。

2014年09月25日 11時00分 建築中の住宅ばかり狙う連続放火魔の狙い | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

おむつとおしりふきがいつでも15%オフ

こだわり物件

賃貸物件
店舗・事務所
売買物件
投資物件
仲介手数料無料物件

点線
点線

さいたま市学区情報

さいたま市の学区情報です。
お子様とって大切な学校生活ですので、下調べにお役立て下さい。
点線

当社からのお約束

  • 私たちは無理な営業はいたしません。
  • お客様に分かりやすい説明を心掛けます。
  • 誠実に・粘り強くお客様のご希望を伺います。
  • 安全な不動産取引をいたします。

当社のご紹介

アスワンハウジング㈱
〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町14-1 旭ビル1F
TEL:048-871-0078
FAX:048-871-0079

■業務内容

  1. 不動産の売買・賃貸の仲介・調査及び管理業並びにコンサルタント業務
  2. 建設・建築工事の請負、並びにそれらの調査・企画、コンサルティング業・プロデュース業

スタッフブログ

浦和Bros ブラザーズ

ページの先頭に戻る