新築住宅の固定資産課税、課税日未登記でも適法 最高裁判決

 12月に新築した自宅を固定資産税の課税日の翌1月1日時点で登記していなかった埼玉県坂戸市の女性が、その年の固定資産税を課されたのは不当だ として課税取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は25日、「課税は適法」との判断を示した。女性側敗訴が確定した。

 

 同小法廷は「所有者が課税日時点で登記をしていなくても、課税処分が決まるまでに課税日時点の所有者として登記されていれば納税義務を負う」と指摘した。固定資産税の課税実務ではこうした取り扱いをしており、司法が追認した形だ。

 

  判決によると、女性は2009年12月に自宅を新築し、所有権を取得したがすぐに登記しなかったため、課税日の10年1月1日時点は未登記の状態で、課税 台帳にも登録されていなかった。10年10月に「09年12月新築」とさかのぼって登記したところ、10年12月に市が10年度の固定資産税を課税したた め、取り消しを求めて提訴した。

 

 一審・さいたま地裁は「現に所有している人が納税義務を負う」として請求を退けたが、二審・東京高裁は「登記がない以上、女性に納税義務はない」として課税を違法と判断していた。

 



新築住宅の固定資産課税、課税日未登記でも適法 最高裁判決:日本経済新聞 2014/9/25 21:33


あたりまえ~あたりまえ~あ た り ま え 体操 ♪♪

こだわり物件

賃貸物件
店舗・事務所
売買物件
投資物件
仲介手数料無料物件

点線
点線

さいたま市学区情報

さいたま市の学区情報です。
お子様とって大切な学校生活ですので、下調べにお役立て下さい。
点線

当社からのお約束

  • 私たちは無理な営業はいたしません。
  • お客様に分かりやすい説明を心掛けます。
  • 誠実に・粘り強くお客様のご希望を伺います。
  • 安全な不動産取引をいたします。

当社のご紹介

アスワンハウジング㈱
〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町14-1 旭ビル1F
TEL:048-871-0078
FAX:048-871-0079

■業務内容

  1. 不動産の売買・賃貸の仲介・調査及び管理業並びにコンサルタント業務
  2. 建設・建築工事の請負、並びにそれらの調査・企画、コンサルティング業・プロデュース業

スタッフブログ

浦和Bros ブラザーズ

ページの先頭に戻る