サンマ不漁、温暖化原因か

秋刀魚

秋の味覚、サンマが不漁だ。七月初めに北海道沿岸で漁が解禁されたが、漁獲量は前年同期のたった一割。東海地 方の台所、名古屋市中央卸売市場(名古屋市熱田区)への入荷は同月下旬からほぼゼロが続き、スーパー店頭で見かけることはまずない。庶民の味はいつ食卓に 届くのか-。

 

 十三日早朝の市中央卸売市場。生サンマは入荷せず、競りもお流れに。仲卸業の男性は「もし入荷しても、仕入れ値は一匹三千~四千円。サンマがそんな高値じゃ売れないよ」とこぼした。入荷は今月五日が最後で、それもたった八キロ程度だった。

 

 市場に入荷がないので、小売店に出回ることもない。地元スーパー「ヤマナカ」の鮮魚売り場に並ぶのは、昨年捕れた冷凍サンマ。

 

 回転ずしも同様で、コムライン(名古屋市緑区)が三河地方を中心に展開する「廻鮮(かいせん)江戸前すし魚魚丸(ととまる)」も、サンマずしはおあずけ。担当者は「旬を先取りして提供したいが、捕れない以上は仕方ない」と残念がる。

 

 サンマ漁は七月八日、北海道の東沿岸で解禁された。道東小型さんま漁業協議会(北海道釧路市)によると、不漁による水揚げの少なさで「燃料が無駄になる」と出漁しない船が少なくないという。

 

 サンマはどこへ行ってしまったのか。独立行政法人水産総合研究センター(横浜市)の調査では、今年の道東沿岸の海水温は一七~一八度。サンマが好む水温より数度高く、「群れが、もっと冷たい北東の太平洋に移動しているのではないか」と推測する。

 

 とはいえ、今年の北太平洋のサンマの資源量は、昨年より多い見込み。今月二十日には、主力となる百トン以上の大型船による漁が始まる。

 

 「九月になれば、食卓にサンマをお届けできるのでは」。卸売業「大東魚類」(名古屋市熱田区)の柴田裕臣さん(42)は、今後の豊漁に期待を寄せる。

 

◆海水温の影響、他の魚も

 海水温の上昇は、他の魚にも影響を及ぼしている。農林水産省などによると、主に瀬戸内海や東シナ海で水揚げされていたサワラは、十五年ほど前から日本海での漁獲量が急増。ブリやクロマグロも近年、漁場が北上し、北海道近海でも捕れるようになった。

 

 養殖でも、夏に産卵期を迎えるカキが、暑い時期が長くなるにつれて産卵期が長期化。身が大きくならない事例が見られるという。

 

 農水省の担当者はサンマに関し、将来、温暖化が進行すれば捕れる海域が北へずれて南下時期も遅くなると予測。「秋の味覚」から「冬の味覚」へ変わる可能性もあると話す。

 

 水産業界でつくる民間資格「おさかなマイスター」で、水産会社勤務の神谷友成さん(57)=愛知県東郷町=は「魚介類は市場を通じて各地へ届けら れているが、消費者は自然の影響を感じにくい」と指摘。「不漁や大漁といった報に触れ、自然と漁業について考えてもらえたら」と呼び掛ける。

 

サンマ不漁、温暖化原因か:中日新聞(CHUNICHI Web)

 

こだわり物件

賃貸物件
店舗・事務所
売買物件
投資物件
仲介手数料無料物件

点線
点線

さいたま市学区情報

さいたま市の学区情報です。
お子様とって大切な学校生活ですので、下調べにお役立て下さい。
点線

当社からのお約束

  • 私たちは無理な営業はいたしません。
  • お客様に分かりやすい説明を心掛けます。
  • 誠実に・粘り強くお客様のご希望を伺います。
  • 安全な不動産取引をいたします。

当社のご紹介

アスワンハウジング㈱
〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町14-1 旭ビル1F
TEL:048-871-0078
FAX:048-871-0079

■業務内容

  1. 不動産の売買・賃貸の仲介・調査及び管理業並びにコンサルタント業務
  2. 建設・建築工事の請負、並びにそれらの調査・企画、コンサルティング業・プロデュース業

スタッフブログ

浦和Bros ブラザーズ

ページの先頭に戻る