不動産投資ブーム再来!?増加する不動産大家

不動産投資ブーム再来!?増加する不動産大家

 今年の消費税増税に伴い、駆け込み需要で購入が多かった不動産ですが、消費税導入後も高額物件などが好調なようです。最近は、自分の住宅というよりも賃貸や売買などの副業で購入する人も増えてきているとか?なぜ不動産をもつのか気になる所です。調べてみました。

 

不動産投資とは?

 不動産投資とは、家やマンション、土地などを売買してその売却益を得る事、または建物を賃貸して賃貸収入を得たりする事、利益を得る目的で、不動産事業に資金を入れて運用することを言います。しかし最近の不動産投資は、いろいろな形態がでてきています。例えば、投資信託などで不動産投資をする事ができます。直接、建物(マンションや住宅)、土地などを買わなくても、マンション、オフィスビルなどに投資している不動産投資信託(REIT)という投資信託に投資することでその運用益を得る事ができるからです。不動産投資は、銀行へ預けるよりもハイリスク、ハイリターンで、株式投資などの金融商品に投資をするよりもリスクは低いと言われている事から「ミドルリスク、ミドルリターン」の投資とも呼ばれています。不動産投資は、賃貸収入など安定した収入が見込めたり、投資する金額が大きいので土地や建物の価値が上がった場合は売却益のリターンも大きくなる半面、空室があると賃貸収入がみこめない、建物の管理・メンテナンスの必要があったり、すぐに換金できないなどとリスクとなる要因もたくさんあります。

 

不動産投資ブームが起こっている訳は?

 不動産投資ブームは、1つは不動産投資がしやすくなった事が挙げられると思います。不動産投資というのが、物(住宅・マンション)や土地を買わないと投資ができなかったのが、REIT(不動産投資信託)ができてから、少額から購入が可能や、土地や建物を買わなくても取引ができる事、管理やメンテナンスの必要がないという利便性があります。手軽に不動産投資ができるという事で、REITの人気がでてきたという事や今年始まったNISA制度でREITに資金がはいってきているという事があげられます。2つめは、日銀の金融緩和縮小、アベノミクスが物価上昇率2%目標を掲げていることから、将来利上げ、インフレが起こる可能性や年金問題などから、収入源をみつけておきたいという事が心理的にあるようです。また、高齢者の場合は老後の年金と共に定期的な収入を見込めることから投資を始める事もあります。 来年から相続税がかわる?

 来年から相続税の税率が変更になります。相続税に関わる基礎控除が大幅に引き下げられるという事があり、現行は5,000万円+(1,000万円+法定相続人の数)の金額が控除されていたのが、来年より3,000万円+(600万円+法定相続人の数)に引き下げられたり、相続税の税率も引き上げになる事が予定されています。政府税制調査会での資料によると、現在の相続税では、被相続人100人に対して課税対象者は4人程度という事ですが、改正後は6人程度対象者が増える見込みになるといわれています。日本の家庭の多くが、相続する物でもっとも大きい金額のものが住宅や土地といわれています。例えば、地価の高い都市部などに自宅を所有していた場合、控除が大幅に引き下げられた改正後は、課税対象者となる事が見込まれます。

 

相続税と不動産投資

 来年の税制改革によって相続税の課税対象者が増えることが見込まれる為、都市部の銀行や住宅メーカーが主催して行う「相続税対策セミナー」などはそこも 盛況のようです。不動産投資で相続税対策という事もよく取り上げられています。対策を取る事によって相続税の支払いができないという事がないように対策を 打つこともできますし、場合によっては相続税の支払いが不要になることもあったり、少額で済むという事も考えられるからです。その一つとして、財産評価対 策として、相続財産の評価を下げる為に賃貸マンションなどの建設を行うことで、財産の評価が下がる為、その分相続する財産額も減る為、対象となる税額が減 らすことができるからです。また、今は、昔の大家さんみたいに管理やメンテナンスを行わなくとも、不動産業者が代行して行ってくれること、トラブルなどの 対処も代行業者が行ってくれる事から、賃貸業が行いやすいという事も投資をしやすい事が考えられます。

 

今後の少子化、高齢化で不動産投資はどうなる?

 来年から相続税の基礎控除額が減り、相続税の課税対象者が増えます。年金は受給年齢が伸びていく事が予想され、少子化になる事から年金支給額はあまり期 待できそうにありません。そして、少子化になる為、現在の空き家の状況からみても住宅の需要も見込めない可能性があります。ただ、外国人の誘致や、 REITなどの台頭によって、今後も違う形で不動産投資は行われていくと予想されます。現に、取引所に上場している、不動産上場投資信託(REIT)の市 況を表すREIT指数は、現在高値圏を推移しており、勢いがあります。今後、東京オリンピックなどを控えてまだまだ土地の再開発なども進んでいくかと思わ れますので、しばらく不動産投資に関しては、注目される事が予想されます。

 

 

【出展】:不動産投資ブーム再来!?増加する不動産大家 | ZUU online

 

 

こだわり物件

賃貸物件
店舗・事務所
売買物件
投資物件
仲介手数料無料物件

点線
点線

さいたま市学区情報

さいたま市の学区情報です。
お子様とって大切な学校生活ですので、下調べにお役立て下さい。
点線

当社からのお約束

  • 私たちは無理な営業はいたしません。
  • お客様に分かりやすい説明を心掛けます。
  • 誠実に・粘り強くお客様のご希望を伺います。
  • 安全な不動産取引をいたします。

当社のご紹介

アスワンハウジング㈱
〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町14-1 旭ビル1F
TEL:048-871-0078
FAX:048-871-0079

■業務内容

  1. 不動産の売買・賃貸の仲介・調査及び管理業並びにコンサルタント業務
  2. 建設・建築工事の請負、並びにそれらの調査・企画、コンサルティング業・プロデュース業

スタッフブログ

浦和Bros ブラザーズ

ページの先頭に戻る